導入実績1000社を達成しました!

このたびデジタルカタログの導入実績が1000社を達成することができました!

 

創業当初の10年前、デジタルカタログは世間に認知されていないコンテンツでしたが、

お陰様で10年目にして導入実績1000社に到達することができました。

これまでご利用頂いたお客様方に改めて心より御礼申し上げます。

 

1000thanks.bmp

 

創業2年目にデジタルカタログと出会い、営業をスタートしましたが、

当初は「ページがめくれるから何なの?」「こんなのにお金は出せない」と

なかなか理解頂くことができませんでした。


それから少しずつ、導入頂けたお客様から「デジタルカタログを見る人が思ったより多い」

「デジタルカタログを置いたら購入が増えた」などのお声を頂けるようになり、

費用対効果を認識頂き、リピート頂ける機会が増えて参りました。


一方で10年前はInternetExplorerしか無かったブラウザの種類が、

Safari、Firefox、スマートフォン、タブレットと、年々増えて行ったたため、

ブラウザに依存する弊社のHTML版デジタルカタログにとっては課題の連続でもありました。


2010年のiPad発売の際は、「電子書籍ブーム」が起き、

たくさんの会社さんが業界に参入され、競争が激化していきました。

弊社も生き残りを懸けて、業界に先駆けてiPad対応とHTML5対応を行うなど

四苦八苦しながら何とか今日に至ることができました。


10年前の初めてのお客様を思い出すと、まさかここまで来れるとは思わず、

これまでご利用頂いたお客様方に感謝の念でいっぱいです。


現在は業界として成熟してしまっている感もありますが、

全世界で同じ環境で閲覧でき、紙の削減により環境貢献もできる

デジタルカタログは、新たなメリットをご提案することで、

まだまだ成長が期待できるコンテンツであると考えております。


今後とも業界の発展、市場の発展、環境への貢献、

そして、デジタルカタログをご利用頂いたお客様への貢献できるよう尽力して参ります。

2015年8月28日

挨拶・マナー研修

社員教育研究所様にご協力頂き、挨拶・マナー研修を実施しました。

講師の方に来社頂き、3時間のスケジュールで、
仕事をする上での心構えから、挨拶・電話応対の仕方まで、
しっかりとご指導いただきました。

講師の方からの質問や投げかけに対して、
最初は数人しか自発的に挙手できていなかったのが、
終盤には全員が自ら手を挙げて積極的に取り組んでいたのが印象的でした。

kensyuu2015.jpg

外部のセミナーを受講すると、受けた人と受けていない人で温度差ができてしまい、
結局学んできたことが実践に活かされないということもありますが、
先生に来社頂き、全員で同じセミナーを受講すると、
全員で同じ言葉を共有できるので効果が高いと思いました。

今後も定期的にこのような場を作って行ければと思います。
2015年8月21日

創業11周年を迎えることができました。

皆様のお陰様で今月で創業11周年を迎えることができました。
日頃の皆様のご厚意とご指導に改めまして感謝申し上げます。

昨年創業10周年を迎え、皆様方にお祝い頂き、
多くの方に支えて頂いていることを痛感しておりましたが、
早いものであれから1年が経過いたしました。

個人的な感覚ですが、人間が20歳で大人となり甘えが許されなくなるのと一緒で、
企業も10年を過ぎると創業当時のベンチャー企業という立場から、
「何でもできて当たり前」の大人の会社として見られるようになった気がします。

11aniv.bmp

この1年間の大きな変化は、新卒採用をスタートしたことです。
一期生として今年度3名が入社し、
二期生として来年度も数名の方に入社頂く予定です。

新卒社員は私たちが想像していた以上に知らないことが多く、
細かなことを1つずつ教えないといけませんでしたが、
私たちのやり方を素直に吸収していってくれるし、
先輩たちも一生懸命後輩の面倒を見ようとしてくれるし、
活気がでて組織に大変良い影響がありました。

来年度以降も新卒採用を続け、長期的な視野で会社基盤を固め、
企業年齢に見合うよう品質レベルの向上に尽力して参ります。
また、創業当初のベンチャー企業の姿勢を忘れずに
新しいことにも積極的に挑戦していきたいです。

今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
2015年8月14日

子供会社見学会

少し前のご報告となりますが、

CSR活動の一環で社員の子供を招待し、会社見学会を実施しました。

Webデザインの仕事やデジタルカタログ作成の仕事など、

親がしている仕事を一緒に体験してもらいました。

 

kodomokengaku.jpg

 

実際に見てもらうことで、親の仕事の理解につながったようで良かったです。

また、何事も興味津々に聞き入っている子供たちの姿に

私たちもたくさんの刺激をもらうことができました。

今後もこのような機会を設けていきたいです。

2015年8月 7日

Digital Berry
赤羽根

Digital Berry 赤羽根

デジタル
カタログ

デジタルカタログ