中小企業CSRサミット

さいたま市や横浜市などの中小企業によるCSR(企業の社会的責任)活動を

支援するイベント「CSRサミット」がさいたま新都心で行われました。

 

その一コマでパネルディスカッションのパネラーとして、

私も参加させて頂きました。

 

イベントは大変盛況で、100名近くの方が参加されていて、

当日の様子が日本経済新聞の埼玉欄にも掲載されていました。

 

csrsummit.bmp

⇒日本経済新聞の記事ページはこちら

 

弊社は昨年「さいたま市CSRチャレンジ企業」に認証頂き、

CSR活動にも取り組ませて頂いておりますが、

弊社のようなベンチャー企業の場合、日頃の営業活動とCSR活動のバランスは

非常に難しいと思います。

 

ただ、今回のCSRサミットに参加された中小企業の経営者さん達のお話を聞く中で、

双方を両立させるアイデアをたくさん頂くことができました。

 

無理なく自分たちにできるCSR活動を行って行ければと思います。

2013年11月29日

創業準備セミナー

日本政策金融公庫様が主催する「創業準備セミナー」が浦和パルコで開催され、

その一コマの講師として起業体験をお話させて頂きました。

 

セミナーは中小企業診断士の先生が半日かけて、

創業の心構えから事業計画書の作り方まで、

起業に必要な情報を丁寧に教えて頂けるものでした。

私も創業時にこのような勉強会に出ておきたかったなと思います。

 

30名ほどの方が参加されていたのですが、

最近は景気が良くなってきているせいか、起業数も増加傾向のようで、

同じ起業仲間として、挑戦される方が増えるのが嬉しいです。

 

seminar2.jpg

 

私のコマでは、創業時の苦労を中心にお話させて頂いたのですが、

皆様から頂いたご質問にお答えしていく中で、最初の1年間売上ゼロだった頃の

苦労がどんどん思い出されて、改めて身が引き締まる思いでした。

貴重な機会を頂き、本当にありがとうございました。

 

初心を忘れず頑張りたいです。

2013年11月23日

礼儀・マナー研修

社員研修の講師の方にご来社頂き、

全社員(パート社員含め)で「礼儀・マナー研修」を受講いたしました。

 

kensyu.bmp

 

社会人としての礼儀の大切さ、仕事で成果を出すために必要なこと等、

ビジネスの礼儀・マナーについて講義頂きました。

 

受講者に積極的に発言を促す形式でしたので、

社員一人一人の積極性や考え方も分かり良い機会になりました。

 

礼儀、思いやり、約束を守る、時間を守る・・・、

こういった当たり前のことが徹底できてこそ、信頼され社内外から好かれる。

そして、壁にぶつかった時に、社内外から好かれている人には、

救いの手が差し伸べられて壁を乗り越えることができる。

 

大変勉強になりました。

 

また、社員一人一人が外部のセミナーを受けるよりも、

先生に来社いただいて全員で受けることができれば、

それが今後の社員全員の共通理解となりますので、それも良かったと思います。

2013年11月15日

M&A(企業買収)

顧問税理士さん主催の企業見学会に参加してきました。

 

貸し切りバスで数件企業を訪問し、事業説明をお伺いしたのですが、

その中で、日本M&Aセンターさんのお話が大変興味深かったです。

 

manda.bmp

 

日本M&Aセンターさんは、以前「カンブリア宮殿」に出演されているのを拝見して、

興味を持ちましたが、現在のM&Aの実情を伺えて大変勉強になりました。

 

10年ほど前は後継者不在の会社は5社に1社だったそうですが、

現在は3社に2社は後継者不在に悩んでいるそうで、

雇用を守り、事業を継続させるためにM&Aを選択することが多くなったそうです。

 

また、M&A(企業買収)というと、大企業が何十億というお金で行うものという

印象がありましたが、中小・零細企業でも身近なものになってきたということでした。

 

他にも、投資会社、IT会社など訪問させて頂き大変勉強になりました。

もっと色々な業界の勉強をしていきたいと思います。

2013年11月 8日

「Yahoo!ニュース」に掲載されました!

先日リリースしたデジタルカタログの「切抜き保存機能」の記事が、

Yahoo!ニュースに掲載されました!

 

yahoonews2.bmp

⇒ページへのリンクはこちら

 

Yahoo!ニュースに取り上げて頂いたのは、

1.デジタルカタログを初めてiPadに対応した時(2010年)

2.HTML5版デジタルカタログをリリースした時(2012年)

に続いて3度目ですが、今回のリリースが前回の2つの情報と同様に、

価値のあるニュースとして取り上げて頂けたことを光栄に思います。

 

今後も、HTML5版だからこそ実現できる便利な機能をリリースして参ります!

2013年11月 1日

Digital Berry
赤羽根

Digital Berry 赤羽根

デジタル
カタログ

デジタルカタログ