さいたま市ベンチャーサポート塾修了式

昨日、第二回さいたま市ベンチャーサポート塾修了式が行われました。

 

私は今年で2年目の参加となりましたが、

今年度も日本経営合理化協会の牟田先生、ハイデイ日高の神田会長を始めとして

多くの方にご指導頂き、経営者としての心構えを学ぶことができました。

 

また、さいたま市の皆様にご協力頂き、このような機会を頂けたことを

この場を借りて感謝申し上げます。

 

ben-support.JPG

 

雇用・納税などを通して、さいたま市に少しでも貢献できるよう社員一同尽力して参ります。

2012年6月29日

ホームページリニューアル実績のご紹介

4月から6月にかけて、埼玉県内を中心に多くのお客様から

ホームページのリニューアルをご依頼頂きました。

 

こちらのページで実績をご紹介しておりますので、ご覧頂ければ幸いです。

 

●実績の一例

株式会社アートファニチャー様

artfurniture.bmp

 

最近、お客様から「納品後も継続的に提案・保守サポートをして欲しい」

というご要望を頂くことが増えて参りました。

 

ホームページは公開後も定期的に更新を行うことで、

検索エンジンの結果順位が上がり、お客様からのお問い合わせも増えますので、

リニューアル完了後の運用が大切です。

 

私たちの会社も8年前にゼロから立ち上げた時、

サイトへの1件のお問い合わせからスタート致しました。

 

今でも弊社にご依頼頂けるほとんどのお客様が、

Google等の検索エンジンで弊社サイトをご覧になり、お問い合わせを頂きます。

創業以来、実に2000件を超えるお客様からサイトにお問い合わせを頂いて参りました。

 

弊社には実際に集客した実績もございますので、

「ホームページを通して集客を行いたい」というお客様がいらっしゃいましたら、

お役に立てるよう頑張って参りますので、ご一報頂ければ幸いです。

2012年6月22日

本のご紹介:「限界集落株式会社」

最近読んだ「限界集落株式会社」という小説のご紹介です。

 

限界集落(65歳以上が地域の半数を超える集落)を舞台に、

銀行やIT企業の財務部門の出身の主人公がやってきて、

農家の方々と協力をしながら、集落の建て直しに挑戦していくというお話です。

 

genkai2.jpg

 

小さな組織が力をあわせて知恵を出し合い目標に向かっていく姿は、

自分達の会社の日々を重ねて想像できるので、

小説として楽しんで読める上に、経営や社会の勉強にもなり、

大変興味深く読むことができました。

 

一方で、少子高齢化が進むこの日本では、各地でこのような限界集落があり、

解散の危機にある集落も多いのだと思います。

日本全体の問題として、しっかり認識しておきたいと思いました。

2012年6月15日

印刷博物館

東京の江戸川橋にある「印刷博物館」に行って来ました。

 

デジタルカタログ制作サービスとして行うものとして、

Webだけでなく、印刷についても勉強をするよう努めておりますが、

印刷の歴史についても学びたいと思い、訪問して参りました。

 

insatsu2.jpg

 

印刷とWebとは歴史の深さに圧倒的な差があることを実感し、

だからこそ印刷はこれからも長い年月必要とされていくものだろうと感じました。

 

また、印刷の歴史を見ると、DTPが普及したこの20年程で急激な進化をしており、

今後も様々な形で変化をしていくのだろうと思いました。

 

私達は、デジタルカタログという形で、カタログなどの印刷データを

パソコンやスマートフォン等の見やすく表現するコンテンツを提供しております。

今後、Webと印刷を中心とした「クロスメディア」という形で、

さらに両者の垣根が無くなり、発展していくのではないかと思っています。

 

このような業界内の急激な流れがある時代に、

デジタルカタログサービスを行えることは大変恵まれた環境であり、

少しでも業界の発展に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

2012年6月 8日

被災地訪問

先日の連休に、宮城県の石巻市に行って参りました。

 

震災から1年以上経ちましたが、津波のあった沿岸部はがれきの山で、

テレビで見ているのとは違う、現実の被害の大きさに衝撃を受けました。

 

復興までの道のりがまだまだ長いことを実感し、

今の自分達に出来ることが何なのかを考えさせられる機会となりました。

 

touhoku4.jpg

 

昨年度、会社としてできることと思い、少ないながら募金などはしてきたのですが、

改めて行ってみて、一番必要なことは「継続的にできること」であり、

雇用を増やすことこそ、社会への一番の貢献ではないかと感じました。

 

我が社の経営理念として「5つの貢献」を掲げており、その1つに「雇用への貢献」があります。

まだまだ少ない人数ですが、会社として継続的に発展し、

少しずつでも雇用を増やすことができるように、成長をして参ります。

2012年6月 1日

Digital Berry
赤羽根

Digital Berry 赤羽根

デジタル
カタログ

デジタルカタログ