野菜が洗える洗濯機

制作担当のDです。

「野菜が洗える洗濯機」ってご存知ですか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、
中国の家電メーカーのハイアールという会社が、
以前より「野菜が洗える洗濯機」を販売しているそうです。

0627_01.jpg

なぜ、「野菜が洗える洗濯機」を販売したかというと、、、
中国の農村部では洗濯機の故障が多く、
原因は衣類でなく野菜を洗っていたことが判明。
ならば、「野菜も洗える頑強な洗濯機を作ろう!」と開発に乗り出したそうです。

韓国の電子メーカー、サムスンでは、中東地域の携帯電話に「磁石」機能を付けたところ、
どこにいても、イスラム教の聖地メッカの方角が分かるということで、非常に売れたそうです。

利用する人の事を、利用する立場で観察し、意見を聞き、考えたからこそ、
使ってもらえる商品の開発ができたのだと思います。

「実際の利用する人が便利な商品、サービスを提供する。」

とっても当たり前なことですが、
実際にはなかなか難しいような気がします。


弊社では、お客様目線でのサービスづくりの一つとして、
一般ユーザー様へ「デジタルカタログ利用調査アンケート」を行っております。

先月行った調査結果では、
「デジタルカタログを73%以上の方が便利に感じる」とご回答頂くなど、
嬉しい結果が多くございました。

サイトにて調査結果を一部公開しております。
今後も随時サイト内に、調査結果を追加していく予定です。

0627_02.jpg
⇒デジタルカタログサイト「利用調査詳細ページ」

私も、常にお客様目線、相手の立場になって物事を考えられるように、
気を付けていきたいと思います。
2012年6月27日

欧州へ行きたい!

こんにちは。

サッカー・プロレスと聞いて黙っていられない営業のFです。

 


今年はヨーロッパで2つのスポーツの祭典があります。

1つは現在開催中のサッカー欧州選手権(ユーロ2012)と、

もう1つはロンドンオリンピックです!

 

サッカー欧州選手権はウクライナ・ポーランドの共同開催ですが、

2002年の日韓W杯も共同開催でした。

その当時は学生で、たまたま試合の時間に保健室に行き、

たまたまテレビに映る試合を見ていたのが思い出されます。たまたまです!

 

map2.gifのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

現在ユーロの信用不安があり、暗いイメージの欧州ですが、

今回のユーロ2012での経済効果は、約15億ユーロ(約1500億円)、

ロンドンオリンピックの経済効果は約80億ユーロ(約8000億円)になる見込みとのことです。

 


経済効果といえば、弊社のデジタルカタログをご導入いただいたお客様から

導入効果事例を頂戴しておりまして、「カタログ掲載商品の売上が120%アップ」や、

「印刷物のコスト削減ができた」など、多数の反響を頂いております。

 

弊社HTML5版デジタルカタログの他社製品との違いや導入後のメリットなどを

わかりやすくまとめた資料をご用意しております。

ご興味ございましたら、是非一度お問い合わせ頂けましたら幸いです。


PDF比較資料2.jpgのサムネール画像 

 

 

最後に、近頃暑い日が多くなって参りました。

私の夏に向けての体力作りは主にフットサルですが、

皆様も熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さい。

2012年6月22日

「ヒアリング」の重要性

こんにちは、スタバでは「低脂肪乳+バニラシロップ」で
ラテをオーダーするデザイナーNです。
 
突然ですが、飲み物の買い物を頼むとき
「何でもいいから」と答える人がいますが
 この「何でもいいから」を頼まれて
困った経験ありませんか?
 
私はありまして、以前に買い物を頼まれたときに
「好き嫌いとかあるかな?」「ペットボトルのジュースor缶コーヒー?」
など、コンビニの冷蔵庫の前でウロウロ悩んだ覚えがあります。
 
そのウロウロ経験から「何でもいい」と言われたときに
「お茶? コーヒー? 炭酸? 牛乳?」と
種類だけでも聞くようにしています。
 
これだけでも、悩む時間の短縮にもなりますし
「嫌いなものを買ってしまうかも」という心配が無くなりなり
気持ちよくスムーズに買い物ができます。

さらに掘り下げて
「缶コーヒー、ジョージアのエメマン微糖のホット」
のような、より具体的な注文を聞けたら
それこそ考える時間がなくなるので
大幅な買い物時間の短縮になりますね。

聞くことは重要だなと思います。

blog_cf.jpg

実は、ホームページの制作をお願いされるときにも

ホームページのデザインを作って下さい!
「よく分からないから・・・何でもいいです」というような
先ほどの買い物の例と似たような話しを
される事があります。

「よく分からないから、お任せしたい」という
意味もあると思うのですが
やはり「何でもいいです」ですと、あれこれ考え
制作に時間がかかってしまいますので。

そんな時は、こちらから

「どんな色がいいですか?」
「目的はなんですか?」
「かたいイメージですか?やわらかいイメージですか?」
「どんな人(層)に見てもらいたいですか?」

など、さまざまな質問をさせていただき
お客様の漠然としている
「よく分からないから・・・」のイメージを
ひとつひとつ具体化していきます。

これは「ヒアリング」と言って
ホームページ制作には欠かせない
弊社でも大事にしている、とても重要なプロセスです。

また、聞いていく途中で
お客様の考えている方向性がまとまったり
「こんなコンテンツも欲しい」といったような
プラスアルファにつながる事もよくあります。

この「ヒアリング」の内容をもとに
社内のホームページ制作チームで共有・協力し
ホームページを作り上げて行くわけです。

なので、やはり聞くことは重要だなと思うわけです。

もし今後、弊社のスタッフが細かく「ヒアリング」をする機会がありましたら

その際は、飲み物の例で言う
「缶コーヒー、ジョージアのエメマン微糖のホット」のような
より具体的な答えを一緒に考えられたらうれしいです。

「ヒアリング」の重要性
分かっていただけましたでしょうか?

それでは、また。
2012年6月14日

シンプル

営業のSです。

先日、六本木ヒルズにあるアカデミーヒルズで開催された
「Think Simple」という書籍の刊行記念セミナー
"クリエイティビティとイノベーションを生み出す熱狂的哲学"に行って参りました。

この「Think Simple」という書籍は、12年間スティーブ・ジョブズ氏と共に
仕事をし、あのimacの名づけ親でもある、ケン・シーガル氏により書かれた書籍です。
 
41sZ0NeG5jL__SS500_.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セミナーの内容はというと、ケン・シーガル氏によって、
「シンプリシティ」(簡単,単純)と、Apple社(スティーブ・ジョブズ氏)について、
色々と語られるというものでした。。

セミナーで語られた話しの1つを紹介したいと思います。
A、B、Cという選択肢があったとする。
Cの選択肢はとても良いが実現するのに困難であるとする。
通常AかBを選択することが多いが、Cが本当に良いものであれば、
スティーブ・ジョブズ氏は、Cを選ぶ。
本当に良いものを選ぶことが、常識である。
それは、「シンプルな思考」である。
 
 
頭ではわかっていても、実際に、その立場に立つと、Cを選択するのは、
難しそうですよね・・・

全ての物事を「シンプリシティ」に考え、選択していく。
簡単なことのようで、難しい。


私のシンプリシティ
①仕事のあとの「ビール」は美味い!
②サッカーは見るのもやるのも「最高」 
 
198351_240505149395740_1971402941_n.jpg

 
 
 
 
 
 
 
2012年6月10日

3回目のネットリサーチを行いました!

営業のKです。

先日大阪・名古屋に出張してきました。

大阪→名古屋→東京と移動したのですが、

秀吉→信長→家康・・・

これって、三大戦国武将の土地なんですね。

今回始めて名古屋城を見ましたが、とても壮大で、

ピカピカの金のしゃちほこに感動して帰ってきました。

大阪城とはまた別の趣がありました。

shiro3s.jpg

 

今回の出張は、新規のお客様へデジタルカタログのご提案が中心でしたが、

弊社ではお客様へご提案するにあたり、一般ユーザー様を対象に行った

ネットリサーチの情報をご案内しております。

 

過去2回行っておりますが、つい先日3回目を実施しました。

インターネットユーザー様に実際にデジタルカタログを使って頂き、

利便性や、PDFとの比較、スマートフォンでの利用状況などをリサーチしております。

 

全国300名を対象に調査をしてますが、

弊社のデジタルカタログの起動率はなんと99%でした。

全員に近い方がきちんと見れたという事です。

 

※詳細は以下サイトに掲載しております。

ネットリサーチ.jpg

http://www.digital-catalog.jp/whatis/research/index.html

 

多くの方に「便利で使いやすい」とご支持頂いたHTML5デジタルカタログです。

導入をご検討のお客様は是非ネットリサーチの結果をご参考にしてみて下さい。

 

詳しいご説明が必要な方は是非お問い合わせ頂ければと思います。

2012年6月 1日

Digital Berry
社員

Digital Berry 社員

デジタル
カタログ

デジタルカタログ