金環日食

こんにちは。デザイナーのTです。

気温の変化が激しいですが、皆様体調の方はいかがでしょうか。

今週月曜日、129年ぶりに日本全域で観測ができる金環日食がありました。
皆様は御覧になりましたでしょうか。

我が家でも金環日食を拝むべくホームセンターへ日食グラスを買いに足を運びました。
が!すでに売り切れ・・・ 別のホームセンターでも売り切れ・・・ これはやばいぞ!

次回の金環日食は30年後の6月1日、北海道(見れる保証がない・・・)
そして、日本全域で見られるのは300年後(生きてない・・・)

色々と脳裏をかすめ焦りはじめた所、とある書店で発見!なんとか手に入れる事ができました。

日食グラスの粗悪品が出回ってるという報道もありましたが、私が購入したものは大丈夫でした。

当日はその日食グラスをかざし、自室から金環日食を観察しました。
太陽と月が重なり、見事に綺麗なリングになって、自然が作り出す芸術に、
家族全員で朝から「お~!」と声に出してとても感動しました。

唯一の心残りと言えば下の画像のように綺麗な写真を取れなかった事です。
a0001_016587_m.jpg

私も日々、お客様へ感動を与えられるような仕事をしたいと常日頃から考えております。
太陽と月から頂いた感動はとても大きいですが、これに負けないように
お客様第一主義で日々精進して行きます!

2012年5月23日

雨ニモマケズ

総務のMです。

 

気が付けば会社のブログを始めてもう一年以上が経ちます。

 

企業のサイトを見たときにブログを読むことがあるのですが、
埼玉県内のある会社さんのブログは
社会性に富み、文化的でもあり、教養もあり、
本でも出版できそうと思うくらいとってもセンスのよい文章で
つい読み込んでしまいます。


私の故郷の偉人に宮沢賢治という作家がいます。

 

kenji.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賢治の有名な作品のひとつに、
雨ニモマケズ」が上げられます。

 

私が最も好きな賢治の作品です。
折に触れて脳裏に浮かぶ詩です。

 

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている


~中略~


みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしは

なりたい

 


で、終わります。

賢治の自省と願望が綴られた内容だとか。

 

人は皆、誰かに認められたいと思う欲のある生き物ですが、
なかなか叶わないものでもあります。
その欲から解放されていいんだよとこの詩が言っている気がして、
気持ちが楽になったことがありました。


文章は人の心を動かします。

 

多くの企業さんがブログを採用活動の一環として活用されると思います。

なんだか素敵そうな会社だな、
話を聞いてみたいなと思ってもらえるような
そんな文章を書けるようになりたいと思うこの頃です。

2012年5月18日

のぼうの城と半神

ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか?
こんにちは、デザイナーのUです。


のぼうの城の映画公開、11月予定になりましたね。
もっと早くの公開予定が、震災の影響で延期になっていました。
水攻めのシーンがあったので、配慮していたとのことです。


のぼうの城の舞台は埼玉県行田市にあった「忍城(おしじょう)」で、
勝手に親近感を感じ、公開を楽しみにしていました。
主演の成田長親は狂言師の野村萬斎さんで、かっこいいですし、ひょうひょうとした感じが役にぴったり!思ったので、スクリーンで拝見できるのが楽しみです。


現在は小説を読んで予習中です。



もうひとつ、最近気になったのは 漫画家の萩尾望都さんが紫綬褒章を受賞したニュースです。


萩尾望都さん・紫綬褒章インタビュー全文掲載 | NHK「かぶん」ブログ:NHK


少女マンガ家が受賞したのは初めてとのことです。ちょっと上の年代ですが、「ポーの一族」や「トーマの心臓」で有名ですね。私は「半神」という作品が好きです。読み終わった後、罪悪感のような不思議な気持ちになります。


漫画家になってすぐの頃は、漫画というジャンルに対する風当たりが非常に強かったそうです。 第一線で活躍されて、苦労も沢山あったかとは思いますが、作品を身近に感じていたこともあり、今回の受賞はなんだかとてもうれしく思います。


ホームページ制作などのIT、デジタルカタログなどのWebコンテンツは、風当たりこそ強くないですが、まだまだ過渡期です。 きっと、のちに高く評価され、この分野から様々な功績を残し、様々な受の受賞者も輩出されると思います。


私は足元にも及びませんが、偉大な先輩を見習い、努力し続けます。

2012年5月11日

安藤忠雄の仕事学セミナー

こんにちは営業のTです。

今年は雨の多いGWでしたが、皆さんお休みは満喫されましたか?

私は来年こそは海外でGWを過そうと思っています!

 

先日、六本木でゲーテが主催する「安藤忠雄の仕事学」というセミナーに参加してきたのですが、

セミナーを通して世界的な視点で物事を捉えている安藤忠雄さんのお話はとても刺激になりました。

「もっと海外に行って世界的な視点を身につけたい」と考えさせられる内容でした。

http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000h2dgu.html 

 

例えば、現在の日本人に足りていない「リーダーシップ」と「スピード」について力説されていて、

日本が遅れてしまっている原因は、他国と関わらなくても日本国内だけで生活が成り立っていた時代のまま島国精神"で現在も過ごしており、「危機感が無い」「スピードが遅い」「保守的」など

様々な悪影響を及ぼしているということでした。私としてはとても耳の痛いご指摘です...。

 

今回初めて安藤忠雄さんのセミナーに参加させて頂いたのですが、

世界的に活躍されている建築家だからこその生き方や考え方を伺うことができ、

現在の日本人に足りない視点や仕事への姿勢を学び、何よりも危機感を強く感じました。

 

世界的な視点を身につけて、今後の日本に役立てる人材に成長したいと思います!

2012年5月 7日

Digital Berry
社員

Digital Berry 社員

デジタル
カタログ

デジタルカタログ

月別アーカイブ

  1. 2019年5月 (1)
  2. 2019年4月 (4)
  3. 2019年3月 (5)
  4. 2019年2月 (4)
  5. 2019年1月 (3)
  6. 2018年12月 (4)
  7. 2018年11月 (5)
  8. 2018年10月 (4)
  9. 2018年9月 (4)
  10. 2018年8月 (5)
  11. 2018年7月 (4)
  12. 2018年6月 (5)
  13. 2018年5月 (4)
  14. 2018年4月 (3)
  15. 2018年3月 (5)
  16. 2018年2月 (4)
  17. 2018年1月 (3)
  18. 2017年12月 (5)
  19. 2017年11月 (4)
  20. 2017年10月 (4)
  21. 2017年9月 (4)
  22. 2017年8月 (4)
  23. 2017年7月 (4)
  24. 2017年6月 (5)
  25. 2017年5月 (4)
  26. 2017年4月 (4)
  27. 2017年3月 (5)
  28. 2017年2月 (4)
  29. 2017年1月 (4)
  30. 2016年12月 (4)
  31. 2016年11月 (4)
  32. 2016年10月 (4)
  33. 2016年9月 (5)
  34. 2016年8月 (4)
  35. 2016年7月 (5)
  36. 2016年6月 (3)
  37. 2016年5月 (4)
  38. 2016年4月 (5)
  39. 2016年3月 (4)
  40. 2016年2月 (4)
  41. 2016年1月 (4)
  42. 2015年12月 (4)
  43. 2015年11月 (4)
  44. 2015年10月 (5)
  45. 2015年9月 (3)
  46. 2015年8月 (4)
  47. 2015年7月 (5)
  48. 2015年6月 (4)
  49. 2015年5月 (5)
  50. 2015年4月 (4)
  51. 2015年3月 (4)
  52. 2015年2月 (4)
  53. 2015年1月 (4)
  54. 2014年12月 (4)
  55. 2014年11月 (4)
  56. 2014年10月 (5)
  57. 2014年9月 (4)
  58. 2014年8月 (4)
  59. 2014年7月 (4)
  60. 2014年6月 (4)
  61. 2014年5月 (5)
  62. 2014年4月 (4)
  63. 2014年3月 (4)
  64. 2014年2月 (4)
  65. 2014年1月 (4)
  66. 2013年12月 (4)
  67. 2013年11月 (5)
  68. 2013年10月 (4)
  69. 2013年9月 (4)
  70. 2013年8月 (5)
  71. 2013年7月 (4)
  72. 2013年6月 (4)
  73. 2013年5月 (5)
  74. 2013年4月 (4)
  75. 2013年3月 (5)
  76. 2013年2月 (4)
  77. 2013年1月 (2)
  78. 2012年12月 (4)
  79. 2012年11月 (3)
  80. 2012年10月 (4)
  81. 2012年9月 (4)
  82. 2012年8月 (5)
  83. 2012年7月 (4)
  84. 2012年6月 (5)
  85. 2012年5月 (4)
  86. 2012年4月 (4)
  87. 2012年3月 (5)
  88. 2012年2月 (3)
  89. 2012年1月 (3)
  90. 2011年12月 (4)
  91. 2011年11月 (4)
  92. 2011年10月 (4)
  93. 2011年9月 (7)
  94. 2011年8月 (5)
  95. 2011年7月 (5)
  96. 2011年6月 (5)
  97. 2011年5月 (8)
  98. 2011年4月 (8)
  99. 2011年3月 (6)
  100. 2011年2月 (7)
  101. 2011年1月 (8)
  102. 2010年12月 (5)