スマートフォン!!

スマホデビューをして半年経った営業担当のDです。

最初は、文字入力がスムーズにできなかったり、思うように操作が出来ず、
何度か「スマートフォンなんてーーー(泣)」って思いましたが、

今はスマートフォンの前の生活が考えられない位に
アプリを色々とダウンロードして
スマホライフを快適に過ごしてます♪

最近はどこに出かけても皆さんスマートフォンですし、
ここ最近の携帯の販売ランキングをみても
殆どスマートフォンのようです。

▼【携帯販売ランキング(11月14日~11月20日) ITmedia+Dモバイル】
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1111/25/news067.html


弊社の「デジタルカタログ制作サービス」では
スマートフォンで見た場合に最適化し見やすくする
のオプションをご用意しております。

スマートフォン最適化オプション
名称未設定-1.jpg

デジタルカタログ導入をご検討中の方や
まだスマートフォン最適化を導入されていないお客様、
是非一度ご検討頂ければ幸いです。


2011年11月28日

接遇研修

こんにちは。営業のKです。

そろそろ冬物のコートが必要になってきましたね・・・。もう冬はそこまで来てますね。

 

さて、先日当社では全社員を対象に接遇研修を行いました。

初の試みとして、外部から専門の先生をお招きして行いました。

今までは入社社員は、挨拶の仕方、電話の出方等は先輩社員から指導しておりましたが、

やはりプロの先生に教えて頂くのは違いますね。(当たり前ですが。。)

 


そもそも、「挨拶とは何か」「何故挨拶をするのか」というところから入っていきましたが、

そういう事は子供の時に親に言われたのと、学校で教えてもらっているんだと思いますが、

大人になってからキチンと向き合って考えたのは初めてです。

「挨拶とは礼儀の中の大切な部分」で、

その上で一番大切な事は

 

「相手を敬い心を込める」

 

という事です。

その後、電話応対の練習へと移って行きましたが、

電話応対の際の心がけとして先生が仰った言葉がとても印象的でした。

 

今会社が存在しているのも、自分のお給料が支払われているのも、

全てはお電話を頂いているお客様がいらっしゃるからです。

「お世話になっております」も「いつもありがとうございます」も電話の向こうの方に、

こちらの気持ちが伝わらないようでは意味がありません。

感謝の気持ちを込めて、心からの対応となるよう、電話の受け答えも

実際のシチュエーションを交えて練習しました。

 

初めての試みでしたが、そもそもの挨拶の意味から、自分が毎日行っている挨拶や、

電話応対の仕方・在り方をきちんと順序だてて教えて頂く事で、

色々と振返りや気付きがありました。

 

「いつもありがとうございます。」

 

全社員で「心を込めて」対応させて頂きますので、

今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

2011年11月21日

膨大な情報の中で

気が付いたらもう11月...。
歳を重ねる度に、一年がとても早く感じるデザイナーのFです。

ある年齢を過ぎると体力が落ちるし、一年が経つのが早いとよく言いますが、
本当にそうだなと最近ひしひしと感じている今日この頃です...。

そんな早く感じる一年と同様、
Webの流れも物凄いスピードで日々変わって行くので、
Web自体の最新動向や、それに付随する部分、技術的な事を常に追っています。

単純に好きであり、知りたいから情報収集をしているのですが、
昔と違ってWebは人の生活の一部となってきていますので、
ネット上には、毎日物凄い数の情報が溢れています。

そんな膨大な情報数なので、自身にとって有益かつ必要な情報だけを得たいですよね。

私の情報収集の方法としては、
Twitter等のSNSと、RSSからフィードの取得となります。

どちらも勝手に情報が入ってきてくれるのですが、
RSSは必要な情報だけを得る事が出来るので、
情報の種類によって使い分けをして利用しています。

実はこのブログも代表のブログもRSSでの取得が出来るんです!

今、私のこの記事をPCから見ている方でしたら、
記事の右側に「このブログを購読」ってリンク先がありますよね。

そのリンク先の上部(黄色い部分)に、「このフィードを購読する」というリンクがあるので、
それをクリックする事で、ブログが更新される度に新しい情報が入ってくるようになります。
※インターネットエクスプローラーを、起動していなければ取得は出来ませんが。

20111111.jpg

また、弊社ホームページサービスオプション「Movable Type」でも
フィードを吐き出す事が出来るので、情報発信のツールとして最適ですし、
自社で更新出来るという点も大きな特徴のオプションですので、
タイムリーに情報発信を行いたい会社様は、お気軽にお問い合わせ下さい!

2011年11月11日

品質向上のいろいろ

こんにちは。制作のMです。

デジタルカタログの動作環境を更新しました。

http://www.digital-catalog.jp/dousa/index.html

 

digi.jpg

 

弊社のデジタルカタログを閲覧するにあたり、推奨しているPC閲覧環境があります。
デジタルカタログの閲覧で動作に不具合が生じないよう、
OSやOSバージョンのシェア率やアップデートを確認しながら、
定期的に見直し・更新をしております。

 

OSバージョンアップなど刻々と状況が変化していく中でも、当社製品の品質を保てるよう、
また、さらに向上できるよう日々努力しております。

 

ところで、私ごとですが先月引っ越しをしました。

大手の引っ越し業者さんに依頼して、
ベテランさんと新人さんと思われる方が作業してくれたんですが、
非常に厳しい指導を繰り広げながら荷運びが進められていきました。

 

新人さんがちょっとでも間違ったこと、効率の悪い事、要領の悪い事をしそうになると

速攻でベテランさんのおしかりが飛ぶんです。がつんと。

そんな言い方するの!!??いじめ??もはや理不尽??
と思うようなかなりエキサイティングな言いようで、大変ハラハラしながら見てました。

 

そのやり方は会社の特徴なのか、その人だけのやり方なのか分かりませんが、
私としてはかなりショッキングでした。

 

でもそれもプロとして会社の品質を保つためのひとつのやり方なのかもしれません。

会社によってやり方は色々なんだろうなとしみじみ感じる一件でした。

2011年11月 7日

Digital Berry
社員

Digital Berry 社員

デジタル
カタログ

デジタルカタログ