お陰様で創業13周年を迎えることができました。

お陰様でこの8月で創業13周年を迎えることができました。

こうして今も続けていられるのはお客様をはじめ皆様方のお陰です。
いつもご支援いただき本当にありがとうございます。

13th2017.jpg

社員と家族、来春入社予定の新卒4期生とともに、13周年パーティーを行いました。
Webookをご利用いただき、お世話になっているヒルトン東京様で開催させていただきました。

創業時に一人でスタートしたことを考えると、
こうして大勢の社員や家族に囲まれてお祝いできるのは本当に嬉しいです。

若い社員も多く、まだまだ未熟な会社です。
社員一同気持ち新たに頑張って参りますので、
今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
2017年8月19日

2018年卒新卒採用

3月~6月に合計5回、新卒採用説明会を開催し、
3名の学生さんに入社いただけることになりました。

今回で新卒採用を始めて四期目となりましたが、
今年も多くの学生さんにご応募いただき本当にありがとうございました。

mynabi201708_2.bmp

四期生の方々が入社されると、創業以来初めて社員数が20名を超えます。
うち半分のメンバーが新卒採用組となり、社風もこの数年で大きく変わってきました。
同期で支えあい、先輩が後輩に教える流れが、組織力の向上につながっています。

また、ここ数年ストップしていた中途採用・業務委託募集も、
デザイナー・プログラマ職に限り再開いたしました。

全員で同じ理念とビジョンを共有し、より良いサービスをお客様に提供できるよう
社員一同頑張ってまいります。
2017年8月11日

スペインからのインターン生

グローバル人材育成センター埼玉様のご紹介で、
獨協大学のスペイン人留学生をインターンで1週間受け入れました。

スペイン語、英語、日本語ともに堪能な大変優秀な学生さんで、
積極的に翻訳業務や制作業務に挑戦してくれました。

2017spain2.jpg

スペインの文化や習慣について30分ほどプレゼンテーションもしてくれました。
1日5食のスペインの習慣や、イタリア料理とスペイン料理の日本人の勘違いなど、
スペインの理解を深めることができました。

ヨーロッパからのインターン生受け入れは初めてでしたが、
本当に優秀な学生さんで、今後外国人採用に挑戦していくうえで、
貴重な経験をすることができました。

日本人社員にとっても刺激が多く、相乗効果も大きいと感じたので、
今後、社内のダイバーシティ化を進めていきたいと思いました。
2017年8月 4日

第8期さいたまベンチャー社長塾

第8期さいたま市ベンチャー社長塾の入塾式に参加いたしました。
さいたま市主催のベンチャー企業の社長による勉強会も今年で8期目となりました。

私は第1期から参加しておりますが、少しずつ参加企業数が増えていて、
様々な業種の経営者と一緒に学べるので刺激をたくさんいただいています。
今回の8期生として3名の方が入塾され、総勢20名ほどとなりました。

2017syatyoujuku.jpg

入塾式では、ハイデイ日高(ラーメンの日高屋)の創業者の神田会長が、
経営者で大切なことは「夢を語り続けること」「情熱をもって仕事に取り組むこと」とお話しいただき、
気持ち新たに頑張って行きたいと思いました。
2017年7月28日

ドローン撮影

さいたま市岩槻区でガス容器やカセットコンロの製造をされている
株式会社旭製作所様のホームページリニューアルを担当させていただきました。

旭製作所様は私の前職の岩谷産業様のカセットコンロの
OEM工場(代理製造)として、業界No.1の製造数を誇られている
さいたま市を代表する会社様です。

2017asahiseisakusyo.bmp


今回は会社案内の「ホームページ」「パンフレット(印刷物)」「デジタルカタログ」「動画」4点の
制作をご依頼いただき、デザインを統一し、クロスメディアを活用したご提案をさせていただきました。

ホームページのトップページには、制作した動画を背景に引いております。
ドローンを利用して工場の敷地全体を撮影させていただき、
工場の大きさを映像で伝えることで、信頼が伝わるように制作させていただきました。

最近、撮影動画を背景にしたホームページ制作をご相談頂く機会が増えてまいりました。
弊社でも対応可能ですので、是非ご検討ください!
2017年7月21日

ベトナム訪問

弊社では夏季休暇は通常8月に交代で3日間取得していますが、
海外訪問に限り、7月中の5日間取得可能とする海外旅行休暇制度を設けています。
今年は2名の社員が制度を利用し、アメリカやカナダを訪問しました。

私も当制度を利用し、東南アジアの市場調査も兼ねてベトナムを訪問してきました。
ベトナムは学生時代に訪問してから約20年ぶりの訪問となりましたが、
街の至る所で高層ビルが建設され、熱気で溢れ、経済発展を肌で感じることができました。

vietnum20172.JPG

ベトナムでは第一外国語が日本語になったということもあり、
書店では日本語の教科書コーナーが設けられ、お店での日本語表記も多く見かけました。
今後、日本との交流はさらに進み、日本企業の進出も増えていくのだろうと思いました。

また、ベトナム訪問中には、アメリカ・カナダ・日本と4ヵ国間でLINEで連絡を取りましたが、
国境を越えて複数人でリアルタイムに情報共有できる便利さを体感することができました。
同時に、Web会社として積極的に世界に出ていかないと取り残されてしまう危機感も感じました。

2017年7月14日

海外サイトディレクション講座

宣伝会議様主催の「海外サイトディレクション講座」を受講してきました。

海外向けのサイトを作成する際に、
「日本語のサイトを外国語に翻訳して置きかえただけ」になりがちですが、
そうならないような考え方・工夫の仕方を教えて頂きました。

例えば、日本では社長の代表挨拶ページを置くのが一般的ですが、
海外では社長挨拶よりも役員全員の略歴にスポットを当てるのが一般的ということでした。

他には、日本語と他言語との文字数の違いをどうレイアウト調整していくべきかなど、
海外で見やすいサイトの考え方を具体的な事例で教えて頂きました。

2017honyaku.bmp

弊社のオリジナルコンテンツとして「HTML Webook5」の海外向けサイトをオープンしました。

世界中の方々に見て頂けるようにネット広告を利用し、販促活動を行っております。
私たち自身で経験を積み、お客様にご提供できるノウハウを蓄積していきたいです。
2017年7月 7日

「埼玉西武ライオンズ」野球観戦

「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」の参加企業を対象に
埼玉西武ライオンズさんが野球観戦チケットをプレゼントしてくださったので
野球観戦に行ってきました!

2017seibu.jpg

今年で3年目になりましたが、今年も西武ドームは満員の観客で
様々なイベントもあり、大変盛り上がっていました!
毎年一度、こうして社員と家族が参加してみんなで埼玉西武を応援して、
楽しめる機会は社内コミュニケーションの上でも大変ありがたいです。

「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」様には、
プロジェクト発足当初からホームページ制作でもお世話になっています。
こうして自分たちの日々の仕事と社会とのつながりを
社員と家族全員で感じることのできる大切な機会で感謝しております。
2017年7月 1日

浦和の再開発

浦和駅近隣の再開発が進んでおり、
アトレや蔦屋書店ができたり、東口と西口を行き来できるようになったりと、
この2~3年で浦和駅周辺も大きく変わりました。

弊社は「アトレ北口」の改札を出て、蔦屋書店を通過して外に出てから
約2分の場所にありますが、会社の近隣も開発が進んでおり、
新しいお店がオープンして便利になっております。

2017parkurawa.jpg

先日は会社の隣で2年ほど工事をしていた約20階建てのマンションが完成しました。
1階には武蔵野銀行さんとタリーズコーヒーさんの複合店「Your Lounge URAWA」がオープンし、
多くの人でにぎわっております。

浦和駅前は今も商業ビルの開発で工事が続いておりますが、
浦和の街が盛り上がっていくのが楽しみです。
2017年6月23日

「財務諸表」読み方講座

監査アドバイスをお願いしている新日本有限責任監査法人様に来社頂き、
全社員向けの「財務諸表読み方講座」を開いて頂きました。

弊社の昨年度・一昨年度の貸借対照表と損益計算書をもとに
各項目の説明から、自己資本比率・流動比率などの計算の仕方まで、
大変分かりやすくご説明頂きました。

2017zaimu.jpg

流動比率・自己資本比率・総資本回転率などの重要指標について
上場を達成した企業と比較し、私たちの会社に足りない部分を指摘いただき、
今後の成長に向けて「何を頑張ればいいか」が社員一同明確にすることができました。

社員全員で一緒に学べる場は、全員で同じ言葉と目的意識を共有できるので
今後も様々なテーマで講師の方に来社いただき、指導頂く機会を作っていきたいです。
2017年6月16日

シンガポールに海外拠点を作ります!

今年を弊社の海外展開スタートの年として、
中長期的な視野で少しずつ海外展開していくことを目標にしています。

その第一弾としてシンガポールに駐在所を借りて、
定期訪問して東南アジア市場の情報収集拠点として利用していくことにしました。

singa1706.jpg

市場視察を兼ねてシンガポールを訪問してきました。
とにかく行ってみようと思い、当てもなく航空券とホテルを予約して
一人で訪問してきたのですが、現地で活躍されている方々とのたくさんの出会いもあり、
デジタルカタログが世界中で利用頂ける可能性も感じることもでき、
大変充実した滞在となりました。

出国前に社員の一人が自発的にシンガポールの会社にテレアポしてくれて、
「アポが取れたので提案してきてください!」と言ってくれたので、
シンガポールのWeb制作会社さんにも伺うことができました。
そのWeb制作会社様は、5年ほど前に人脈ゼロから市場開拓されたそうで、
私もこういった方々を見習って頑張らないとと思いました。

最近は英語・タイ語・ベトナム語などの言語でのホームページやデジタルカタログ制作の
ご依頼も増えてまいりました。
弊社サービスのWebook制作サービスの英語版のサイトを作成し、
今後海外の方々にご利用頂くなかで、私たち自身も海外経験を積み上げ、
お客様に効果的なご提案ができるように努めてまいります。

そして、将来的に埼玉から海外に通用するグローバル企業に発展していけるよう、
一歩ずつ頑張っていきたいです!
2017年6月 9日

卓球台の設置

社内に休憩スペースを作り、卓球台を設置しました。

制作担当は一日中座った状態での業務となり、
日常的に運動不足になりがちのため健康増進策の1つとして、
卓球台を設置して休憩スペースを作りました。

2017takkyu.jpg

先日、留学生との卓球大会に参加させていただいた際に
卓球でのコミュニケーションがすごく良いと思ったのが導入のきっかけでしたが、
早速みんなが嬉しそうに遊んでくれて良かったです。

社内には他にフリーの紅茶・お菓子スペースを作ったり、
観葉植物を置いたり、ゆうせんの音楽を流したりと、
リラックスできるスペースを年々少しずつ拡充しています。

先週は会社の隣にタリーズコーヒーさんがオープンしました。
隣なので休憩時などに利用しやすくてありがたいです。
働きやすい環境を少しずつ整えていきたいです。
2017年6月 2日

「100年時代の人生戦略」

先日の「ガイアの夜明け」でも特集されていた
「LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~」という本を読みました。

今年生まれた日本人の平均寿命予測が107歳であることや、
先進国は少子高齢化で70歳・80歳まで働き続ける時代がくるなど
自分たちの将来を考えさせられる内容でした。

2017lifeshift2.jpg

50年・60年と長く働くためには、働き方の常識を変える必要があり、
・スキル・知識を向上し、仲間を増やし、周囲からの信頼を高める
・継続的な運動と健全な食生活で健康管理に努める
・時代の変化にあわせて自分も変化できる力をつける
などの目に見えない資産作りが大切ということでした。

個人としても、会社としても同じことが言えると思います。
時代の変化に対応できる組織づくりに努めていきたいです。
2017年5月26日

2017年3月期決算

第13期目の2017年度3月期決算が終了し、
売上・利益ともに前年比で微増となりました。

創業から12期連続増収(9期連続増益)を継続することができました。
皆様方のご厚意に改めまして御礼申し上げます。

kessan1705.bmp

創業からの数年間はデジタルカタログの売上が大きな部分を占めておりましたが、
最近はホームページ制作、印刷物制作分野の売上も大きくなり、
売上構成比率も変化してまいりました。

世の中の変化に対応できるよう新しい取り組みを続け、
お客様のご要望に応えられるようサービスの改良を心がけてまいります。
2017年5月19日

デジタルカタログの制作価格を改訂しました。

デジタルカタログの制作価格を改訂し、従来より約2割お安くなりました。

●基本制作費用:20,000円⇒10,000円
●ページ単価(16ページまでの場合):2,000円⇒1,500円

例えば16ページのデジタルカタログ制作をご利用の場合、
初回利用価格は「52,000円」から「34,000円」へとお安くなります。

また、オプション価格の基本設定費用の全面値下げ、
長期(6年以上)でご利用頂けているお客様への「長期ご利用お値引」新設など、
ご利用頂きやすい価格設定に変更いたしました。

※すべて「Webook制作サービス」も同様の価格設定となります。

digicata1705.bmp

デジタルカタログ制作サービスをスタートして12年となりましたが、
これまで1100社を超えるたくさんのお客様にご利用いただき、
お陰様で業界内でもトップクラスの導入実績数に成長することができました。

一方で、業界情勢の変化に伴い、
近年はお客様から価格面でご要望を頂くことが多くなってまいりました。

「より多くのお客様にデジタルカタログの便利さを実感頂きたい」という想いから、
制作費用の全面見直しを行わせていただきました。
また、長年お世話になっているお客様ほどお安くご利用頂ける価格設定といたしました。

今後とも「デジタルカタログ制作サービス」「Webook制作サービス」をよろしくお願いいたします。

2017年5月12日